【ずぼら栄養士の15分ご飯 Vo.7】キャベツたっぷり! 材料は温野菜サラダみたいなのに肉なしで大満足のカレーディナー

Pouch[ポーチ]

curry8110
[すぼら栄養士の15分ご飯]シリーズでは、ずぼら栄養士を自認する川村郁子さんとともに考案した、作業時間15分かつ女性にうれしい栄養素がたっぷりのレシピ記事を紹介しています。

グリーンスムージー用に、ブレンダー、ミキサーを買った皆さん。活用していますか? それらを使うと、一晩寝かせなくてもおいしいカレーをたった15分で作ることができます! しかもキャベツたっぷりで。

今回のメニューは材料だけ見たらまるで温野菜サラダと言われてもおかしくないカレー。それなのに味はお肉なしでも満足できるカレーですよ!

元の投稿を表示 さらに60語

ニャンコのまあるいお手手&肉球を心ゆくまで堪能できる画像20選

これはハァハァもの

綺麗な言葉遣いは、お金の掛からないオシャレだと思う

そのとおり!!!

【アニメ×実写】ももいろクローバーZ vs KISSコラボ曲のミュージックビデオが「カワイイ&カッコイイ!」と国内外で話題に

Pouch[ポーチ]

kiss2

去る1月28日(水)にリリースされ話題を呼んだ、ももいろクローバーZとKISSのコラボシングル「夢の浮世に咲いてみな」。こちらのミュージックビデオを、あなたはもう、ご覧になりましたでしょうか。

浮世絵を思わせる背景をバックに、ももクロちゃんたちとKISSが時にアニメに、時に実写になってバトルを繰り広げる、大変見ごたえのある1本。見終わった後、得も言われぬ満足感を得ることができる同作、その制作にかかわっているスタッフの面々が、案の定スンゴイんだわ。

元の投稿を表示 さらに35語

プロがちゃちゃっと考えた魔法の新調味料『塩レモン』レシピがハンパなくウマすぎ! 今年は夏バテしてる暇がないわ!

よしっ!我が家の塩レモンで挑戦だ!!

Pouch[ポーチ]

lemon_12

3カ月前に仕込んだ魔法の新調味料『塩レモン』を友人にいろいろ試してもらった記者。しかし、塩レモンレシピはそれだけではありません。本日は、その真打が登場であります。

兵庫県の制作会社kobitoで「飲食のワークショップ」も手がける井上麻衣さんから、ドリンクからメインディッシュからスイーツまで、なんと7種類ものレシピレビューをいただきました。そのままドドンとご紹介。

井上さん「塩レモンを使うとどの料理もほんとに “さわやか” になりました。皮の苦味が気になる人はいるかも知れないけど、逆にそれがいいって人もいそうです。他にも塩レモンしめ鯖とか、白身魚の塩レモン蒸しとか作ってみたかったけど残念ながら塩レモンがなくなってしまいました。保存も効くしこれはたくさん作っておいておくといいかも!」

さあ。井上さんの手にかかった塩レモンはいかに!?

元の投稿を表示 さらに64語

「暴走万葉仮名」

とりあえず、人事担当から一言。

説明会エントリーや履歴書のチェック上でいえることですが、
名前も実はチェック項目に入ります。正確には人数を絞るときの指標の一つです。

・女子の「子」の字で終わる名前は印象的にプラス
・男子の暴走族系の漢字はマイナス
これは人気の漢字でも関係ない(たとえば「翔」と「斗」)
・無理な当て字はマイナス(「月」を「るな」とか)
・日本人なのに外国名の当て字はマイナス(トム→「十夢」とか)

名前は育ちを見ることができる指標なので、多少難しい程度ならまだしも、
親の無教養をあらわすような名前なら結構厳しいですね。生贄をあらわす「羊偏」の漢字や、
「魁」などの本来の意味が下品なもの、学生運動を思わせる「闘」の当て字としての「斗」とかは
(本来の「斗」の字は「小さくつまらないもの」という意味です)、人気のある漢字のようですが、
機械的に却下されてもおかしくはありません。
景気がいいときはこんなことする必要ありませんが、今は定員40名の説明会に2300人超
応募してくるような状況です。説明会でも書類選考でがんがん落とさざるを得ない状況ですし、
中身をこまかく見たりする前に、名前でも落とす作業があるのが現実です。

私は複数の大学で講師を務めている。毎年学生名簿を見るたびに、読めない名前が増えたなと思う。
特に女子名。子(こ)や枝(え)で終わる読みやすい名前が少なくなり、画数が多く
無理読みの漢字を使った名前が多くなった。
暴走族のグループ名に多い方式なので、私は「暴走万葉仮名」と呼んでいる。
まあ、娘にどんな名前をつけようと親の自由ではあるのだが、面白いことに気づいた。
暴走万葉仮名の女子学生が多い大学は、あのー、偏差値がね、ちょっと、あれなのですね。
難関の某国立医大の教授である友人にその話をすると、うん、うちの女子学生に暴走万葉仮名はまずないな、と言う。
超高学歴者ばかりの某有名全国紙の女性記者(子がつく)に同じ話をすると、ああそう言われてみればと、
同僚たちの名前を思い起こしてくれた。
やはり暴走万葉仮名の女性記者はほとんどいませんね、と言う。

(評論家・呉智英)