野口さんの宇宙食、食べられた

「僕の宇宙食がちょっと足りないんだけど?」。
国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在している
野口聡一さん(44)の宇宙食が、野口さんの到着前に誤って一部食べられていたことがわかった。
同僚飛行士が、前任の若田光一さん(46)が置いていったと勘違いしたらしい。

昨年、若田さんと一緒に滞在したカナダのロバート・サースク
飛行士によると、若田さんが地球に帰った後、ISSで日本の宇宙食が詰まった箱を発見。

「コーイチがお土産を置いていってくれたと思って、みんなで喜んで食べた。
ところが、よく見たらコーイチじゃなくて、ソーイチって箱に書いてあったんだ」


カレーやラーメン、サバのみそ煮など、日本の宇宙食は各国の
飛行士に人気がある。野口さんも今回、30種類ほどを持って行っている。

宇宙航空研究開発機構によると、宇宙食はもともと多めにあり、
輸送も頻繁なため大きな問題はなかった。

だが、野口さんから連絡を受けた宇宙機構の担当者は、肝を冷やしたという。

日本びいきの・・・・というか日本のメシ好きな宇宙飛行士の話。

広告